後ろめたいことがあったとしても

弁護士に財産や債務をごまかしたりするようなことはNGです。弁護士は依頼者を信頼して手つづきを進めているため、嘘があると計算が狂います。本来であれば、自己破産は財産がないということが証明されてこそ、行えるものです。まだ財産があるのなら、そもそも債務を整理の意味がありませんし、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。このように、嘘をつくとご自身にとって非常に不利な状況になるため、きちんと伝えるようにしましょう。個人再生にはある程度の不利な点があります。一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に弁護士に支払う費用が多かったという事例もあります。
また、この手段は手つづきが長期間になるため、減額して貰えるまでにすごくの時間を必要とすることが多くあります。借金なんてその通りにしておいたらってユウジンに吹き込まれたけれど、それは不可能だと思って債務を整理をする事にしました。

債務整理すれば借金は少なくなりますし、どうにか返済していけると考えたためです。

お蔭で毎日の暮らしが楽ちんになりました。収入がある人が債務者の場合、過払い金を再度計算し、今の債務額と相殺をおこなうことを目さす債務整理のことを特定調停と言います。

ただし、負債と比べると過払い金のほうが多い場合は、この調停の場合はそれを返金して貰えるということはなく、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。

過払い金額の方が多沿うだというのであれば、こうした特定調停はやらずに、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

借金払えないとき